不動産売却

マンション簡易査定査定くん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家を売却すると決めても早く売れれば良いのですが、長期にわたって販売する例もあります。

 

しばしば言われることですが、もし3ヶ月経っても売却に至らない場合は、販売価格の見直しを行うか、ほかの不動産業者に仲介してもらうといった対応も必要かもしれません。専任でも一般でも媒介契約というものは3ヶ月以内と規定されており、契約満了後は売値を変えて再契約しても良いですし、別会社にしても構いません。一般に個人が家を売却するときの流れは、ざっくり8つのフェイズに分かれるでしょう。

 

 

 

最初は市価のデータを検討し、物件のおおよその販売価格をつかみます。

 

 

 

不動産仲介会社はネット情報などを参照して選びます。

 

住宅の査定はプロに任せ、売り手は査定額の妥当性を評価しましょう。

 

OKであれば媒介契約を締結します。

 

契約した物件はネットに登録され、広告にも掲載されます。
うまく買い手が見つかったら引渡し時期や金銭面などの交渉に入ります。売主と買主の交渉が成立したら売買契約書を交わして、最終的に代金の精算と家の引渡しをして、取引は終了します。

 

 

 

家を売る側としては少しでも高く売りたいですから、価格交渉になるのは目に見えています。

 

交渉によって価格が下がるなら購入希望者からしたら願ったり叶ったりですし、そういった掛け合いなしの不動産売買はほとんどないでしょう。

 

 

こちらの主張を通しすぎて買い手が引いてしまったら、話になりません。

 

値付けと値引きは切り離せないものですし、良い取引にするためには不動産情報をよく見て相場観を養うことは不可欠です。住宅を売却する際、権利証を紛失もしくは滅失している場合はどうなるのという質問は意外とよくあるものです。

 

実際のところ、権利書がないと幾ら居住実績のある家でも売却することはできず、発行元ですらそれらの書類を再発行することはできないのです。ただ、方法はないわけではありません。

 

物件の登記簿上の所有者が司法書士と面談し、『本人確認情報』という書類を作成してもらえば、登記上の手続きは問題ありません。
時間がかかるのもさることながら、費用も数万からかかりますので、大出費にならないためにも、権利証は大事に保管しておきましょう。細かい手間や労力を数え上げるときりがありませんが、そのほかに不動産業者に売買の仲介を頼んだことにより生じる仲介手数料は、家を売却する際にけっこうな負担となります。
法律で仲介手数料の上限は規定されていますが、不動産の価格次第では手数料が100万円を超える場合もあります。

 

そのほか、家を売ったことにより収入があれば、譲渡所得として課税されることになります。移転先へ引っ越すための費用も必要ですし、事前に支出額を計算しておいたほうが安心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

 

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

 

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

 

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://ieul.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

査定の手順

 

 

@査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力 (約1分)

 

 

A一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届き比較ができる

 

 

B査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエイ

 

 

 

 

 

 

 

日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト

 

 

 

 

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など

 

 

 

 

厳選1000社から選んで査定価格の比較ができる

 

 

 

 

 

専門知識を持った専任スタッフが常駐・スムーズに不動産の売却ができるよう

 

 

 

 

 

中立的な立場から万全のサポート

 

 

 

 

 

 

 

イエイ 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・マイスミEX

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の不動産会社からそのエリアの売却査定に強い会社に最大6社まとめて査定依頼

 

 

 

 

不動産会社によって得意としている物件や、相場の見込みが違うため

 

 

 

 

査定額を比較すると、1,000万円以上も見積もり結果に差が出る場合もあり

 

 

 

 

不動産を高く売るための一括査定比較・査定依頼は簡単1分登録

 

 

 

 

 

 

 

 

マイスミEX 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.mysumi.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

査定で必要不可欠な不動産査定書は、物件情報や飲用水、ガス、電気や排水設備の状態、路線価による土地相場、公示価格といった不動産物件に関するすべての情報が集まった書類です。不動産業者などが見積もりを出す場合は、不動産査定書類をベースにして査定額を決定しています。

 

この書類は、不動産会社に依頼して作成してもらえます。
あるいは、資格を持っている専門家に不動産鑑定評価書の作成をしてもらうこともOKです。
不動産の売却に関しては信頼できる業者を選びたいものです。
おススメの方法は、インターネット上の一括査定サイトを使って、複数の不動産仲介業者に簡易査定してもらいます。

 

査定結果をくれた業者を比較し、納得できる査定額をくれた業者に現地査定を依頼し、直接、業者とコンタクトできる機会をつくってください。
具体的な査定額の内訳や、疑問点を問いかけた時に、はっきりと応えてくれる業者であれば信頼できるでしょう。

 

 

 

反対に査定額が高額であろうとも、こちらが素人だからと質問にも適当に答えたり、契約をせかしてくるところは選択肢から除外しましょう。売却する物件がマンションの場合は、以下の二つの条件から査定額を決定するようです。

 

 

 

まず重視されるのは地理的な問題です。
どの業者でもチェックするのは、周辺の環境や利便性の高さ、交通アクセスのしやすさや景観といったマンションの建っている「場所」に対する評価になります。

 

 

 

さて、もう一方がマンション自体に対する評価です。
例えば、築年数ですとか、設備の充実、共有部分や階層はもちろん、日当たりや方角、騒音や振動の有無、セキュリティー部分です。

 

このような、詳細な基準をもって最終的なマンションの査定額が決定されます。

 

バブル期に建てられた築30年ものの戸建などかなりの築年数の家を売却する際でも、リノベーションのためのベースとして購入を検討している人も増えていますから、一定の需要があります。

 

また、古い家は床面積に比較的ゆとりがありますから、改造してルームシェアして住めるようにしたいという購入希望者が意外といるものです。あらかじめ建物診断検査を受け、蟻害、深いヒビ割れ、沈みなどの問題がないのがハッキリしていれば、より良い条件での売却が可能になります。

 

 

昔ながらの木骨モルタルや木造の一戸建の耐用年数は、財務省の規定では最長22年となっていますが、国土交通省の構造物調査では平均30年で取壊し、建替えされています。

 

そのような実績値が影響して、すでに30年以上経過した家を売ろうとしても、住宅の評価額はゼロか、せいぜい100万以下と査定されるのは至極当然と言えるでしょう。

 

売りに出すにしても、家はゼロ円で地価相当額にしかならないと想定するのが妥当です。

 

 

 

ネットなどで匿名でできる査定とは異なり、きちんとした不動産査定を会社に依頼するのであれば、必要書類を準備しておきましょう。

 

 

とくに、登記簿謄本の用意は必須です。登記簿謄本の入手には手数料がかかるので、古いものでも会社によっては受け付けてくれるでしょう。でも、査定の精度が落ちかねませんから、日付が新しいものを用意した方が良いでしょう。他にも、登記済権利書、あるいは登記識別情報などの権利書の関係や、固定資産税評価証明書を準備しておくと安心です。

 

 

まだローンを完済していない場合、建築設計図や土地測量図、そしてローン残高証明書も必要なので、全ての書類を揃えて査定に申し込みましょう。とどこおりなく、自分のマンションを売却できた後は、納税の手続きが必要となります。

 

例えば、所得税や住民税です。マンションの売却で利益を享受したなら、税金が発生します。

 

ところが、売却されたマンションが売却前に暮らしていた物件である際には、例えば、3000万円の特別控除や特別軽減税率等の特例が受けられます。
きっちりと税について、確定申告をする前に調べていれば、少し日数を要しますが、納税額が手元に戻ります。土地付き一戸建てを売却する際に、できるだけ高く売りたいのであれば、インターネット上にある不動産の一括査定サービスがお勧めです。

 

複数の業者に査定してもらった結果を検討し、誠実で頼りになる仲介業者を選ぶことが肝心です。

 

 

そして家に興味を持つ人が現れたら、家本来の広さや日当たりなどの魅力を感じて貰えるよう整理整頓は日常的に行い、不要品などは処分した状態であることが望ましいです。

 

 

 

値段交渉になる原因をなるべく売主が作らないようにすると、高値売却も夢ではありません。リフォームを行った後でマンションを売ることで、より一層良い値がつくと考えている方が多いように見受けられます。
ところが、一概にそうとは言えないのです。リフォームには結構なお金が必要になってきますし、かけたお金の割にマンション価格は上がらず大損という場合も多いのです。実際に住む人次第で合う合わないは違ってくるのですから、リフォームをするぐらいならその分値下げした方が迅速かつ円満に売却が行われる場合もよくあるのです。

 

買おうとする意欲が薄れてしまいそうな明らかなデメリットがお部屋にないのなら、今のまま売りに出しましょう。不動産の評価見積りでは、条件面で揉めるケースもないわけではありません。

 

 

程度の違いはありますが、多くは確認のし忘れや、ちょっとした行き違い、不注意などが原因でトラブルは起きます。諸条件の確認は大切なものですから、トラブル防止のためにも記録しておきましょう。

 

 

 

不明点はもちろん、確証がない点なども早いうちに問い合わせたりして、疑問は持ち越さないようにしましょう。あとになると取り返しのつかないことになるかもしれません。一戸建てを売る時は色々トラブルがありますが、その中でもよくあるのは、専任媒介契約をしている不動産屋を無視する形で、仲介を受けていない買手とやりとりして、何の相談もなく売却契約を行うケースでしょう。これは契約違反にあたるため、仲介を頼んでいた不動産業者にはプロモーション(宣伝)に使った費用や手数料と同額程度のペナルティを納めなければいけません。

 

専任媒介契約ではなく、一般媒介契約にしておけば、契約後に別ルートで買い主がみつかっても、違約金を請求されることはないのです。
でも、専任媒介で契約する場合よりも、熱意が感じられない不動産業者も少なくありません。不動産を売る時には査定を受け、比較検討するのがベストなのですが、どれくらいの会社から査定を受けて比較すればいいのか分からない方もいると思います。

 

条件にもよりますが、少なくとも三社には査定をお願いした方が良いでしょう。

 

 

 

ある程度、相場を把握しておかないと、査定額が高いのか低いのかハッキリしないまま、業者にお願いしてしまって、後から相場を知って悔やむ可能性もあります。
かといって、たくさんの業者に査定を依頼すればOKというわけでもなく、逆に多すぎても情報過多になりますから、はじめは三社程度に抑えておくのがベストです。

 

実物を見ることができるオープンハウスは宣伝効果が高いので、マンションの売却は容易になります。とはいえ、オープンハウスにも欠点がないわけではなく、どのマンションのどの部屋が売りに出されるのかが住民に広く知られることが挙げられます。近隣への広告チラシの配布は避けられませんし、開催日ともなればのぼり旗が立つなどどうしても目立ってしまいますから、売却で隣近所に気遣いするのは厄介だと思う人は導入は慎重になった方がいいでしょう。

 

 

 

悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに不動産の査定をお願いしたいというニーズが増えています。そのため、近頃は、ネット上で匿名の一括査定を受けられるサイトの人気が高いです。

 

個人情報を伝えないことの利点としては、しつこい営業や宣伝を受ける可能性が低く、素性の疑わしい業者にご自身の詳しい個人情報が渡る危険性を防ぐことができます。
しかし、残念ながら匿名の一括査定サイトでは簡易審査だけしかできないので、正確な査定結果は期待しないでください。

 

 

 

諸般の事情により早々に物件の処分を希望しているなら、2種類の方法があります。

 

直接買取を実施している不動産業者に仲介なしに買取してもらう方法、もう一つは人目に止まるよう売り出し価格を下げてすぐ買い手がつくようにする方法です。

 

どちらにせよ、売却額は平均をかなり下回ることを覚悟しなければいけません。
慎重な決断が必要です。高額の取引を伴いますが、一軒家を売るのには適した時期があります。

 

 

1年の中で買い手が一番見つかりやすいのは、月で言えば1月から3月までの人の移動がある頃です。
転勤や進入学などの事情などで、家族ぐるみで転居する事例も多くなるので、一軒家を求める買い手が出てきます。そうはいってもタイミングを見計らうことが重要ですから、その時期が到来するまで売るのを控えるのではなく、売り出すのに有利だと思えば売ってしまった方がいいでしょう。

 

 

 

これまで不動産業者に査定依頼を出すときは、物件情報とともに個人情報を知らせるのが当然でした。いますぐ売ろうという状況でない時は、個人情報をもとに何度も営業をかけてくる恐れがあったので、気になるのに査定を頼めないという方もいたことでしょう。

 

 

 

最近、そういった懸念を払拭する動きは業界にもあり、匿名で査定してくれるサービスも運用を開始しているようです。もし不動産の売却を予定されているのでしたら、匿名で見積りできるサービスを利用してみてはいかがでしょう。一般的に、不動産査定の方法は「訪問査定」と「簡易査定」とに分かれます。なお、もちろん、査定方法が違えば査定額が算出されるまでに必要な時間も変わってきます。

 

簡易査定については、長くてもわずか1時間程度なので、とりあえず査定を受けたいという時には最適かもしれません。
対する、訪問査定ですが、実際に担当者が物件をチェックするのは1時間を見積もっておけば十分でしょう。とはいえ、役所への調査を含めた時間が加算されるので、1日では終わらないことを考慮してスケジュールを組んでおいてください。よく同じものだと勘違いされますが、不動産鑑定と不動産査定は、公的機関や法的な場面でも使えるものか否かという違いがあります。

 

 

査定の基準になるのは類似物件の販売価格や過去の販売実績により算出された、参考価格程度と捉えたほうが良いでしょう。
その一方で、鑑定は国家資格である不動産鑑定士資格を持っている専門家が不動産物件の経済価値を鑑定評価基準から判定し、その結果を価額として提示します。
このように判断された不動産鑑定評価なので、査定に比べて公的機関でも有効に認められている評価だということになります。

 

不動産物件が売れてからにするか、売れる前にするか、今住んでいる家が一軒家、または、マンションであっても、引越しを行うタイミングの良し悪しはどちらも一長一短だといえます。売却額が手元に入ってから新居探しとなる売買後の引越しを選ぶと、検討に時間をかけられるかもしれません。売却が決まったにもかかわらず、次の新居が未決定のままですと、仮住まいに住むこととなり、引っ越しの費用が二回分かかります。引越しの手間を負担に感じる方は、先に引越しとなりますが、新居契約に必要となるお金を売却前に集めておかなくてはいけません。税金はマンションを売却した際にもかけられることが考えられます。
この税金は譲渡所得税と呼ばれています。
マンションを買ったときより高い金額で売れたら、その利益分にかかってくる税金が譲渡所得税ということになります。ですが、譲渡所得税はマイホームを売却した時の特別控除が用意されていますから、直前まで暮らしていたマンションを売却したら、譲渡所得税を支払わなくてもいいケースがほとんどです。仲介不動産屋の選別は一戸建てを売却しようと思い立った時、一番大事なポイントです。最初にその不動産屋の得意分野を調べてみましょう。
特に一戸建ての売買に定評のある不動産屋、逆に、マンションの売買は他社よりも実績があるという不動産屋もいるでしょうから、選択する時は自分の用途に合っているか確認しましょう。

 

 

それから、戸建てを売ろうとする際に、一括査定サイトを使うと役立ちます。

 

 

一度の手間でまとめて不動産屋に依頼可能で、目安となる査定額がわかるでしょう。
査定に来た業者の説明を聞いていると、うっかり聞き逃してしまうことが多いのですが、業者の提示する評価額だけでなく、必要経費を引いたあとの残額、すなわち手取りがいくらになるのかは明白にしておきましょう。
売却額が大きいほど諸経費の支払いも大きいものです。

 

 

 

主な支出だけでも、売買を仲介した会社に支払う仲介手数料や印紙代、所得税と住民税、登記抹消費用などが挙げられます。譲渡所得税というのは条件によって税率が違ってきますし、分からないことがあったら近隣の税理士事務所に相談したり、あるいは業者の説明時に同席可能かどうかあらかじめ確認してみるといいでしょう。

 

一定の期間中に売却できなかった場合、設定金額で業者が物件を買い取るというのがいわゆる不動産仲介業者による買取保証システム(買取保証制度)と呼ばれるものです。

 

 

先に業者による買取額を決めておくため、金銭的な見通しは明確になりますが、市場価格より安くならざるを得ないという短所はあります。

 

 

もちろんこのサービスは任意ですので、付けるかどうかは慎重に考えた上で決めるべきです。

 

共有名義の場合はよく相談してください。物件を調べていると、心理的瑕疵アリという言葉を見かけます。
心理的瑕疵物件とは、見た目には分からないけれど、買った人が心理的なストレスを発生しうる問題のある物件のことです。

 

限定されている訳ではないですが、自殺や殺人などが起きた物件に良く使われる言葉で、ハッキリ言えば事故物件です。

 

もちろん、このような物件の査定額は低くなってしまいますが、隠して売却してしまうと民法で制定されている告知義務を果たしていないということで、買手に訴えられるケースもあり、裁判で勝てる見込みも少ないです。中古マンションが売れない理由として考えられることは、どのようなことでしょうか。

 

 

まず考えられるのは、他のマンションと比べてみた時に割高でお得感がないこともあるでしょう。

 

こういった場合だと、内覧を希望するお客様の数もあまり伸びません。価格改定が必要です。

 

それから、契約した不動産屋がマンションの販売促進活動を怠っている場合です。
仲介契約時には、レインズに登録されていることを確認した上で契約した方がいいです。
中古住宅の価格を知るなら不動産査定ソフトという手もあります。
延べ面積、築年数、方角などの物件の情報を入れると、ソフト内に収録している路線価や資産償却表などに基づき、売却物件の価格を総合的に試算するシステムです。最近は簡易なフリーソフトだけでなく有償版もあるようです。一般に公開されているデータの集積値ですから、現地調査の上でプロが下した見積額と比べるとかけ離れるケースも実際にはありますが、大雑把な金額を見たいときには参考になります。家や土地などの不動産を、仲介業者を介して売りたいなら、少なくても2社以上、できれば数社に見積りを依頼し、金額も良く対応も申し分のない業者を絞り込んでいきます。続いて売り出し価格を決め、業者と媒介契約書を交わします。媒介契約には一般、専任、専属専任の3種類があり、仲介業者のネットワークに登録するかしないか、業務報告の頻度は週1か週2かなどの違いがあり、どれを選ぶかは売主次第です。

 

 

 

そのうちに買いたいという人が現れたら詳細条件を確認し、仲介業者が用意した不動産売買契約書にサインして契約を締結し、代金と物件の引渡しをもって取り引きは終了します。

 

 

 

複数の不動産会社に査定を依頼すると、各社が異なる結果を出すことがあります。査定方法は同じなのにどうして査定額が一律にはならないのでしょうか。

 

 

 

なぜなら、それぞれの会社で異なる売買のノウハウがあり、異なる査定項目をチェックしながら査定額を決めるので、各社で差が生じるというわけです。

 

 

 

ですから、売却予定の物件の査定をお願いする場合、たくさんの不動産会社から査定を受け取れるように手配しておきましょう。

 

どうやって一軒家を売るかというと、手始めに、いくつかの不動産屋に査定を依頼するのが一般的です。最も理想に近い条件を提示した業者と契約をしますが、この時、買手を探さずに業者に買い取ってもらう場合もあるでしょう。といっても、大抵は買い手との仲介をお願いする、媒介契約になります。
なぜかというと、買取の場合は建築物が査定対象になるケースが少なく、地価のみになるケースが多いという背景があるからです。